EVERGREEN CULTURE

Mi casa, su casa!

月とハットの男、ボビー・コールドウェル /【歌詞和訳】Stuck On You - Bobby Caldwell

  

 

どうも皆さん。今回ご紹介する曲はBobby CaldwellのStuck On Youです!

まずは和訳をご覧ください。

 

作詞作曲/Bobby Caldwell


Lately I've noticed

最近僕は気づいたよ

My world's upside down

この世がメチャクチャになってる事に

And everything's coming unglued

全てが上手くいかないんだ

Like crossing the dateline I'm all turned around

日付線を跨げば僕は立ち直るけど 

And just don't know what to do

ただ何をすればイイのか分からない

 

All day long I keep neglecting

僕は一日中放ったらかしている

Things I have to do 

やらなきゃいけない事をね

That people are expecting 

皆んながうるさいけど

What does it matter

そんなのどうだっていいさ

How can I work feeling blue 

このブルーな気持ちを、どうやって動かそうか

I'm stuck on you

僕は君に首ったけさ

 

Can't read the news 

ニュースなんて読めやしない

That's too depressing

重苦し過ぎるからね

I know this world's a mess

この世界がメチャクチャだって事は知ってるよ

'Cause all my clothes need pressing

僕は全部の服にアイロンをかけないといけない

Everything's scattered

全てが散らかってる

Baby I'm stuck on you

僕は君に首ったけさ

 

Deeper and deeper I go 

深く行けば行くほど

Spinning around like a fool

僕は馬鹿みたいに回って

Drowning in love's undertow

愛の引き波に溺れるのさ

And there's nothing that I can do

そして僕にできることは何もなくて

Night after night

来る夜も来る夜も

I'm convalescing

僕は体を休めている

I used to have a social life

以前は人付き合いもあった

But now it's not worth mentioning

でも今は話す価値もない

Just a bit tattered

ちょっとやつれてしまったけど

Baby I'm stuck on you

僕は君に首ったけさ

 

Only the stars in the sky

空の星たちだけが

Know why I'm feeling so blue

なんで僕がブルーなのかを知ってる

Maybe the moon has advice

もしかしたら月がアドバイスしてくれるかも

That can get you to love me too

君が僕を愛すようになる方法を

The city lights peer through my curtain

街の明かりがカーテンから覗いてる

And so I'll face another night of counting sheep for certain

また羊を数える別の夜が来るだろう

Tossing and turning

寝返りを打って

That's what I look forward to

僕は楽しみにしているよ

'Cause baby I'm stuck on you

僕は君に首ったけなのさ

 

Stuck on = 〜に惚れている

Toss and turn = 寝返りを打つ

 

 

「俺はブルーな気分だ」とか、「色々やらなきゃいけない事があるんだ」とか言っといて、最後は"I'm stuck on you"の一言で締めちゃう感じが渋いですね。

本当にお洒落な曲で、僕はイントロのピアノだけで惚れてしまいました。

ジャジーなピアノが終始美しく、控えめなシンセストリングスのアレンジも素敵です。

 

謎の男Bobby Caldwell

 

ボビー・コールドウェルマイアミTKレコードから1stアルバム"What You Won't Do For Love” (邦題イヴニング・スキャンダル)をリリースします。

表題曲であるWhat You Won't Do For LoveR&B色が濃く、1978年10月のビルボード誌のソウル・チャートで最高6位を記録しました。

 

ここで特筆すべきは、このアルバムがヒットしたエピソード。

アルバム”What You Won't Do For Love”のジャケットにはハットを被った人のシルエットが写っていただけで、ボビー・コールドウェル人種も年齢も全く謎の人物として、音楽のみが人々に認知されていきました。

これはマイアミTKのプロモーションプラン

当時の音楽市場では白人と黒人が仲良くやってなかったので、白人の音楽を黒人に売り込むこと、またその逆も難しいという状況でした。

マイアミTKはコールドウェルを謎の人物として記号化することで、ソウル専門の放送局にも白人である彼のアルバムを売り込む事に成功し、多くの人種に彼の音楽を届けたのです。音楽に壁がない事が証明されてますね。

 

コールドウェルはパーラメントのCMソングの人として日本でも認知されていきます。

             ↓ボビー・コールドウェルは4:17秒〜


1983-1993 パーラメント CM集

 

「自由と安らぎの香り、アメリカンブルーパーラメント。」

ニューヨークの夜景にコールドウェルの音楽と洒落たキャッチ・コピー。

素敵です。

 

AORからJAZZへ

 

6枚目のアルバム”Solid Ground”に収録されたStuck on youは、それまでのAORサウンドとは異色のジャズアプローチ。

彼のアレンジの器用さに驚かされますが、調べてみるとボビーはール・ポーター(”I get a kick out of you"や"I've got you under my skin"などを作曲した人)を意識してこの曲を書いたんだとか。

ボビーは"Where Is Love"という7枚目のアルバムでI get a kick out of youをカバーしていますし、やはりコール・ポーターへのリスペクトが感じられます。

Stuck on youがジャズチャートでヒットしてから、それ以降の彼のアルバムはどんどんジャズ色が濃くなって行き、"BLUE CONDITION"というアルバムでは、シナトラを彷彿とさせるような歌い方やビッグバンドアレンジを魅せてくれます。

彼にはAORを一貫して欲しかったという方の声もよく聞きますが、Jazzyなボビーの楽曲達も素敵なので、個人的にはこれからもジャズナンバーを沢山リリースしていってほしいなと思ってます!

 

では最後に、ボビー・コールドウェルの来日公演が決まった件について。

8/22~24が東京、25は大阪で歌って下さるそうです。僕はビルボードでライブを見たことも、生で彼を見たこともないので「メチャクチャ行きたい」と思ってるんですが、その時はスーツとハットでバッチリ決めて見に行きたいですね〜。音源の完成度がとても高いぶん、生演奏で聞くとどんな感じなのかが気になるところです。

観に行けた際は感想文でも投稿しようかな。

では!

nme-jp.com

イヴニング・スキャンダル

イヴニング・スキャンダル

 
Blue Condition

Blue Condition